本文へスキップ

(社)楽心館 氣と丹田の合気道会 Rakushinkan Aikido のサイトへようこそ

壮年部

写真は中野道場です。午後1時からの稽古なので、高齢者が参加しやすいです。
武道経験のある方もあれば、ない方もある。それぞれの目的で、それぞれの成果があれば、OK!




壮年部


【写真】武田さんが斉藤さんと、座り技を稽古しています



武田様(壮年部の感想をいただきました)



「ただ稽古帰りの一杯を」

武田 隆。還暦を目前にした59才から入門。現在62才。
毎日の終わりに居酒屋で仲間と一杯やるのを楽しみに生きている呑兵衛オヤジです。
記者、放送作家の仕事を経て、還暦を期して卒業しようと計画。長年の浮世の垢を落
そうと合気道に通い始めたのですが、卒業計画は半ばで頓挫、留年状態のまま中野道
場に通っています。
そんなわけで、私の場合、動機は(強くなりたい)でもないし、(健康になりたい)
でもないし、(ダイエット)でもありません。
少々後智恵を交えて申し上げれば、(普段出しゃばりがちな自分の頭を脇に置き、錆
びついた体のセンサーを復活させてやりたかった)のです。
そのための一番手近で確かなトレーニングは、競技スポーツやハードな運動でなく、
武道、それも合気道だと考えた次第。楽心館の門を叩いたのは、私のような中高年に
も門戸が開かれていたからです。それに、何と言っても、先生にお目にかかったとき
の直観ですね。

仕事人生で長年体を野ざらし状態にしてきたので、無理は効きませんが、マイペース
で見てくださるので、稽古は辛くはありません。始めて一番嬉しいことは、師がいる
こと。小学生に戻ったように愉しいですね。そして、稽古に入れば頭でジクジク悩む
間もありませんから、頭は空っぽ。身体任せのシンプルな時間が心地いいです。そし
て、何といっても、呑兵衛の私とって稽古の後の一杯は、何ともいえません。体が喜
んでるからでしょうね。今はそれが何よりの楽しみです。

「なぜその歳で合気道を?」と尋ねられ、「なんとなく成り行きで」と答えています
が、本音を申し上げれば、「よりよく生きたい」からです。
年齢に関係なく誰でも「人としてよりよく生きたい」と思わない人はないでしょう。
でも、都会での仕事中心の生活は、どうしても金や肩書に縛られがちで、経済原則だ
けを金科玉条とした(賢しらなふるまい)を強いられます。そこでは、9割は体より
頭脳が主役。結果、世渡り上手になれるかもしれませんが、よりよく生きることとは
方向がかなり違います。
私も職業柄、賢しらな雑文を書き散らして生計をたててきました。しかし、雑文であ
れ、生きた文章は、頭だけでは紡げません。頭だけの言葉は、死んだ言葉ばかりで
す。血の通った言葉で伝えるためには、身体感覚がキモです。でないと、家族にす
ら、肝心なことが伝わらない。結局、身勝手でズレた人間関係ばかり広がっていきま
す。それは、私が痛感してきたことです。
頭の中の薄汚れた物差しで仕事をこなし、暮らし向きを豊かにみせても、ちびた物差
しでは厚みも深みもあるこの世界を測れるはずがありません。数値化され、定量化さ
れ、格付けされる世界は所詮平面上の地図にすぎないんですね。
ですから、頭だけだと、地図だけはたくさん持ってるが、自分の位置を測るGPSが
ないのと同じです。頭で計量不可能なもの、花や土の匂いや手触りといった五感で深
度を感知したり、人間関係の機微を見極めるには、自分の体の声に耳を貸すほかあり
ません。そこにこそ、より確かなものがあり、人の面白みや深化があると思います。
「人としてより良く生きる」は、むろん事後的なものですが、そのGPSを有してい
るのは、頭より体の方なんですね。
合気道初心者の私ですが、自分がどう生きたいのか、どうふるまいたいのか、体の声
を感知するための技法、他者との共生能力を高める技法、心身のポテンシャルを高め
るための技法・・それらを体系化したのが武道であり、楽心館合気道だと、勝手に解
釈させていただいてる次第です。
合気道の術理の汎用性の高さは、経験して初めて気づくこと。稽古自体もさることな
がら、仕事であれ遊びであれ、家族や友人との人間関係であれ、実人生でこそ豊かに
実をつけることを疑いません。

稽古で私が好きな瞬間は、全員が(何者かに向かって)礼をする稽古の冒頭です。
(自分は在るべき時に、在るべき場所にいる)感じがとてもします。
楽心館合気道は自分に潜在しているGPSのスイッチをONにしてくれます。
(すでに、人生手遅れの年齢になってさほど意義はないんじゃない?)
と言われますが、中高年だからこそ味わえる世界もあるんだと申し上げます。
私にとってその象徴が稽古帰りの一杯。ただその一杯を味わうために、楽心館へ通う
呑兵衛の私です。
(具体的なことは・・合気道ブログ「楽心館合気道で熟年バンザイ」)







中高年サークル 趣味の武道館のページ
2004年の入門から練習風景をつづっています。






合気道 壮年


合気道道場【東京】

合気道道場【千葉】

合気道道場【茨城・カナダ]】

(社)楽心館

当会は、一般社団法人 楽心館 RakushinkanOrJp 所属 東京、千葉、茨城、カナダカルガリーの合気道道場です。

合気道 ブログ

楽心館のウェブサイト