本文へスキップ

(社)楽心館 氣と丹田の合気道会 Rakushinkan Aikido のサイトへようこそ

少年の部

お子様に武道を・・と考えた理由は何でしょうか?
「文武両道に育てたい」 「礼儀作法を身につけたい」色々な想いがあると思います。
今、子供や幼児の習い事・お稽古で武道、人気ですよね。
お稽古探しをされている保護者の方が当ページに訪れて頂けたのもなにかのご縁です!
少年の部のページでは、稽古で何を学ぶのか、合気道がどのように子供に影響を与えるのかをご紹介致します。
HPを見て、ご検討頂き、ぜひ一度見学にいらして下さい。右上の「問合わせ」よりメールでご連絡、お待ちしております!

  • 子供たちの稽古風景などを動画でご覧いただけます


幼児と保護者(3歳以上)

【写真】千葉市本部道場の稽古風景


お父さんやお母さんと一緒に稽古をする「幼児と保護者」では挨拶・姿勢・基本的な動作を保護者と共に安心しては合気道に親しむことから開始します。

・元気な挨拶の出来る子

・先生の話をしっかり聞ける子

・正しい姿勢を取る事

などを稽古を通じて学びます。

指導する者は「褒めて認めて伸ばす」を基本にしており、笑顔が絶えない道場です。





子供初級(白から黄帯)保護者も参加可能です


【写真】文京スポーツセンター 13:30-14:30 子供中級 クラスの稽古風景


黄帯の稽古内容は、入身と一教です。

自分の中心を立てること・感じること。
相手の中心と自分を結ぶ線を感じること、そこへ踏み込むこと。などを形にします。

こうした体験から、「向き合うことにより解決するのであって、逃げることから得られることはない」という、意識を習得します。

武道の稽古は意と形、両輪で育成するため、楽心館のテキストは「意心形心」という名称です。






子供中級(橙から緑帯)保護者も参加可能です


【写真】八王子の稽古風景
地図


八王子では武道場ではなく、和室で稽古します。

元来、会津城内の護身術として、その場に潰すうような技に合気道の源があることに符合して、ここは適所でもあります。

橙帯の獲得目標は、一教転換・片手取り転換・突きに対する転換対応を学びます。

写真のモデルは2年生。

挨拶の声も大きく、姿勢も良くなってきました。
転換動作の習得とともに、いざともなれば「成せば成る」と、気持ちを切り替えることが大切です。

明治天皇御製  何ごとも なすべき時に なさざれば おくれをとらむ こともこそあれ



子供上級(青から紫帯、保護者も参加可能です)


【写真】国立支部子供クラスの稽古風景


楽心館は国立と八王子の二箇所から、始まりました。細胞分裂のように、今日の稽古場所を、広めました。それだけに、起点となった場所を、大切にしています。

青帯の稽古目標は、「力抜きの身体使い」と「後両手取りへの対応」。

紫帯は、「縦軸落下運動」と「二教」です。

「決断・集中・持続・人を導く」ことの大切さを、養います。



子供茶帯以上


小学生であっても子供の階梯を終了し、茶帯を締めるようになると、一般クラスへ参加します。


原様(東京武道館 合気道子供クラス 保護者)



娘に合気道を習わせることにしたのは、以前から私が「力を使わず相手を倒す護身術で、女性には最適らしい」という漠然としたイメージを持って合気道に憧れていたからでした。夫は「まだ三歳だから合気道の技を覚えるのは無理だろうけど、挨拶やきれいな姿勢が身に付くのでは」と考えていたようです。

インターネットで合気道道場を探したところ、楽心館では三歳児から受け入れてくださると知り、家族三人でまずは見学に行きました。東京武道館の広々とした武道場で、小学生のお兄さん、お姉さんがお稽古をする姿を拝見し、こちらの気持ちまで引き締まるようでした。娘は意味を分かっているか定かではありませんでしたが、「やってみたい」と言うので、その場で入門を決めました。本来は三歳からなのですが、石川先生にお計らい頂き二歳十一ヶ月での入門となりました。

夫の予想に反して、娘は合気道の技をどんどん覚えていきました。子供の吸収の早さに、私も夫も驚かされました。親が勝手に「まだ小さいから出来ないだろう」と、子供の限界を決めてはいけないのだと実感しました。


しかし、ずっと順調に合気道を続けてきたわけではありません。入門して半年を過ぎた辺りからお稽古をやりたがらない日が徐々に増えてきました。道着に着替えて道場までは行くものの、いざお稽古が始まると私に抱きついて離れず開始時の整列すらしない、無理に引き剥がしてもすぐに泣きながら抱きついてくる、という事が何度もありました。帰宅後、合気道をやりたくないのかと訊くと「やりたい。次はちゃんとお稽古する」と答えるので連れて行くと、またやらない。辞めたいのかと訊くと「絶対に辞めない。暫くお休みするのも嫌だ」と答えるので連れて行くと、やっぱりやらない。半年以上に渡ってこのような事態が続き、私はすっかり落胆し、時にはきつく叱って泣かせてしまったこともあります。
親の勝手で始めせたことなのに未熟だったと娘に申し訳なく思い、反省しております。
この時期は先生を始め、一緒にお稽古して下さる皆様にも大変ご迷惑をおかけし、私にとって長くて辛いものでしたが、娘にとってはもっと辛かったのかもしれません。


入門から一年が経つ頃、初めて審査会に参加しました。娘は審査会前にもほとんどお稽古をしておらず、「整列や礼、演武が出来なかったら残念だけど合気道はやめさせよう」と夫と決めて、その旨を娘にも伝えた上で審査に臨みました。いざ審査会場に着くと、普段の数名でのお稽古と違い、他の道場でお稽古をされている大勢の子供たちが集まっていました。大規模な会の雰囲気に、親の私たちが圧倒されてしまいました。


私は正直なところ、普段でさえお稽古が出来ていないのに、初めて経験するこの空気の中で娘は私と離れて座ることすら出来ないだろう、ましてや演武などとても無理だろう、と諦めていました。ところが私の予想に反して、娘はきちんと整列をして礼をすることが出来ました。そして演武も、技を受けてくれたお子様のお陰もあり、普段お稽古を嫌がっていたのが嘘のように堂々と行いました。私たち両親は合気道を始める前と同じく、ここでも子供の限界を勝手に決めつけていたことに気がつきました。審査会前はまともにお稽古が出来ていなかったものの、娘は入門当初の約半年間、しっかりと頑張っていたのだという事実をすっかり忘れてしまっていたのです。審査の結果は何と合格。帯の色が黄色に変わったことが嬉しかったのか、娘はまた少しずつお稽古をするようになっていきました。


その後順調にお稽古を重ね、二度目の審査会に参加しました。そこで、同じ年で同じくらいの背丈、同じ黄帯の女の子に出会いました。前回の審査では年上で背の高いお兄さんお姉さんに囲まれていたのですが、同じ年の子の存在を知り、娘は喜んでいました。この審査会ではこのお子様と一緒に橙帯に合格しました。


それ以来、同じ年で同じ帯のお友達ができたことがとても励みになったようで、娘は「○○ちゃんもがんばっているかな?次の審査も一緒に合格したいな」と、それまでよりもお稽古をやる気になりました。半年に一度、審査会でそのお友達に会えることを楽しみにしています。


合気道を始めてから毎晩、寝る前の絵本に加え、楽心館の教本「意心形心」を読み聞かせるようにしているのですが、最近は自分から読んでほしいとせがむようになりました。この「意心形心」には次の帯に昇級するための技などと一緒に、昇級に応じた心の成長を助ける言葉が書いてあります。読み聞かせの甲斐あって、娘は


「なせばなる なさねばならぬ 何事も ならぬは 人の なさぬなりけり」

「やってみせて 言って聞かせて させてみて ほめてやらねば 人は動かぬ」


などの名言をそらんじるようになりました。娘なりに意味も理解しているようです。お稽古で体験入門のお子様と組んだ時、「やってみせて、言って聞かせて、させてみて、の通りに教えたんだよ!」と得意気に話してくれたこともあります。


現在、娘は青帯に昇級し、全くやらなかった時期があったとは思えないほど、積極的にお稽古に行きたがっています。あのとき辞めなくて本当に良かったと思います。合気道のお稽古に通うことで、続けることの難しさや大切さを親である私も痛感しました。また、娘にとっては一生懸命頑張って審査に合格出来たという経験が大きな財産になっていると思います。これからも、お稽古を続けて心身を鍛え、合気道を通じて出会った友人を大切にしてほしいと願ってやみません。








合気道 壮年


合気道道場【東京】

合気道道場【千葉】

合気道道場【茨城・カナダ]】

(社)楽心館

当会は、一般社団法人 楽心館 RakushinkanOrJp 所属 東京、千葉、茨城、カナダカルガリーの合気道道場です。

合気道 ブログ

楽心館のウェブサイト